2016年04月01日

家族の良さってね。いいものです。

昨日は28日餅つきは八は縁起がよくて、家族の多い頃は決まってもう大変で
餅つきで朝早くから大忙しでした。
 
 今日の29日は九(苦)餅といいまして、餅つきは避けたものです。
 だから28日は餅つきと決まっていたものです。今は家で餅を搗くこともなく
なってきましたね。時代の流れとともにすべては変わってしまったものです。
 
 もう明日は30日ですね。早いことです。街ゆく人の流れは、少しずつ変わり
食料品売り場の賑わいが凄いです。皆さん、お正月の支度で楽しそうです。
 お正月はなんといってもいいものです。だって日ごろ会えない子供らや孫らに
ゆっくり気楽に会えて、積もる話しができますものね。



 「寒い晩だな」
 「寒い晩ですね」
 妻のナグサメとは、まさにかくの如きものなり。
 青藤緑雨 


 これが夫婦の醍醐味なのかもですね。


 妻は妻として立派になるほど、女でなくなる。
 伊藤整

 オウ!悲しいお言葉ね。


 郷里を異にし、職業を異にし、貧富を異にし、家族の中で
 も性質の異なったのがいる。我々の生活にはいろいろな要
 素がまざりあい、組み合わさって、どの家庭にも、それぞ
 れの「家風」が出てくる。
 庄野潤三


 そうなのです。いろいろなる家庭があり、お互いの夫婦のい
いところうが混ざり合い、皆さんのご家庭も素晴らしいと思い
ます。愛があればお互いが、お互いを思い遣り、きっといいご
家庭を築いておられることでしょう。
 温かい家族がホンワリと、ゆっくりとできて、穏やかなるお
正月をお揃いでおおいにお楽しみください。ホント 家族って
いいものなのよ。

常に一諸に居れば疎ましく、離れると会いたく
なる親子、夫婦の関係なり。
 
{私の今年一番の心に残ったことを短歌にしました}
  御遠忌に「誓いの言葉」の大役を受けひたすらに願う
  無事果たさんと


 来年 お正月には心を新たにして、家族という温かくて、優
しくて、一番大事な存在を、もう一度心してみてください。私
のような老人になり気が付いては遅すぎます。お笑いください。
親は親とし、子は子とし、気を遣い慈しみ、愛し 日々の生活
楽しんでお過ごし下さい。
 お読み下され 有難うございました。また 来年には、
宜しく お願いいたします
ありがとうございました。
posted by ligfsorg at 12:52| Comment(0) | 詩詞 | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

変わってきたとも

「冬は また 夏がましじやと 言ひにけり」という句がある。
こう寒くては身体にこたえる、夏の暑さの方がましだっ迪士尼美語 有沒有效たね、
などと人は言ったりする。
そんなことを言う人に限って、真夏になると冬の寒さの方がましだ、
と言ったりするもの。そんな機微を詠ったもの。つい微笑を浮かべたくなる。
また、彼の句には、
「ちらとのみ 雪はうき世の 花候(ぞろ)な」
など、ちょっと穿(うが)った見地から詠われたものが多い。

今日は都心の急な雪で交通が麻痺したりと大変な一日となった。
現代文明、雪には勝てず、というところでもあるようだ。
それでも、かつては雪深い寒村などは雪に埋もれて数ヶ月を過ごす、
という時代迪士尼美語 有沒有效だったことを考えれば大きく変わってきたとも言える。

そんな現代文明の恩恵を得ているのは、一般庶民と言うより富裕層とも言える。
今日のニュースを見ていると、
「世界の富裕層の上位62人が保有する資産は、
下位半数に当たる36億人の資産と同じ1兆7600億ドル(約206兆円)だった」
という見出しが出ていた。
それによると、上位グループの資産はこの5年間で約5000億ドル増え、
下位36億人の資産は計1兆ドルの減少を記録しているという。
この格差がますます拡大する傾向のようだ。

富が富を生んでいるのも、システムなど、人間が生み出した”知恵”。
その”知恵”の恩恵を誰よりも受けているのが、
この富裕層と呼ばれる人たち。
人間の叡智がつくり出しているものは、広く行き渡る幸福ではなく、
「富める者がますます富む」という構図迪士尼美語 有沒有效のようだ。
posted by ligfsorg at 15:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

太陽を忘れても

 「美しい」 誰に言うのでもなく・・・。 ただ、ただ美しいのだ。
 日曜日も郵便物は営業しているので、散歩がてらよる懷孕飲食
 郵便局に寄れば誰かが 「○○さん・・・」 と。 あらら、「今日
は、お休みでしょう・・・」 に、頑張っておられるようだ。
 わたしは手紙をよく出しにゆくので、顔なじみになる。 どの人
も、この老人に、郵便局の方はいつも優しい。 だから好きだな。
 「貴女なら大丈夫。 お仕事頑張って!」 と、声を掛け帰る。
こういうひとときは、ありがたい。 元気で頑張っていうのも、笑え
るけれど、本当は自分がその優しい心から、いただいている。
 「元気に頑張って、きっといいことあるよ・・・」 と言いつつ、ね。
 そのまま自分への掛け声なんです。 ありがたい。 ありがたい。
 だって、ふと、笑顔になれるのですもの。 感謝しちゃう。

  ☆おかあちゃん☆

 母が浮かぶ そんな一瞬
 ポツンとすわる旧き里の家
 モノクロの写真のように浮かぶ

 もうあの世へと逝く 齢というに 
 「おかあちゃん」 と声なき声で呼べば
 わが母は ああ わが母おらるる

 そこにおらるる
 笑みておらるる
 わがこころにおられる

 我が母 永遠に我が母なり

--------------------------------------------------------
 一期一詩
                 

 永遠なるものの愛

  忘れない
              河野 進願景村人生課程
 わたしは 太陽を忘れても
 太陽は わたしを忘れない
 わたしは 神を忘れても
 神は わたしを忘れない
 わたしは 母を忘れても
 母は わたしを忘れない
 太陽よ 神よ 母よ
 無限の慈しみよ 永遠の愛よ

 マザーテレサに愛の協力を惜しまなかったキリスト教者、河野進
さんの詩集 「母の詩」 の中の一編である。
 河野さんの言葉のように、人間は眼前の欲望の充足のみを求め
て、人生で一番大事なものを忘れている。 しかし神も太陽も母も、
私たちがどんなにその存在を忘れていても、無限の慈しみをもって
働き続けておられるのだ褥瘡
 そして私たちの一番身近にあって、無償の愛の姿を見せてくれる
のは母の存在である。 河野さんは、少年の日からの194編の母
への讃歌を、深い思いをこめて歌っておられる。
 この世に生を享けた者誰一人、母を慕わぬものはないであろう。
第二次世界大戦の、レイテ沖海戦で、17歳で戦死した私の弟は、
海兵団に入団した当時、故郷への手紙を何通か残しているが、ど
の手紙もみな 「お母さん」 という呼びかけで始まっている。 き
びしい訓練の中で、母を呼び念ずることで耐え難い辛さ、悲しみ
逃れるができたであろう。
 私は今年、喜寿の年を迎えたが、この齢にして人生の困苦に遭
posted by ligfsorg at 13:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。