2014年06月10日

飘逝雨が落

上流れる水のような形をして、すべての幻に目を覚ますとは秋;红尘の1試合を砕歳月易点、かつていっしょにこないにもかかわらず、生き埋めになった湖底に過ぎない、ただ透から来た横目で、その纤纤指では、ぱっぱっと振った星を起こしているこびりつく优れている。
厳しさを増している中の哀歓をむだに振り向け瞬間无名の優しさ、美しさはそうではない」と寂しさが止まったままの月光しすぎると优しさを乗せて動かなければこれを気取らするので、仕方なく悲しみ戚戚月光じめじめした心は、望绝えずに突然の領分天涯路(前生の悲しさも、余留の优しさに、どのようにの前を通っている。
バラの花が散るから、开花は終わった」とし、結局は漂泊四季で、ただ清涼!
残しちゃいけないの。情无限の24、ソロに夕闇の中や風臆するわんこそば、瞳の間に凝眉舍てないで、二十日下落が落ちていた。一生、継ぎ目に暖かく寒が狂って、あの美人の夢を見た。
それは、望秋をすべて隕海た秋叶だったが、徐々に、しなければならない远逝握ろうとするだけの時に行く盛りだが、亡くなった荷瓣瓣散って遇を取ろうと、うん、波をも寒た千年の青を愁崩した古青磁しようとも、いずれも壊れてしまっ…
たとえ枯れたあの古いに忧叹し、付然春が過ぎているため、天のような形をして飘逝雨が落ちていた;たとえ暖かいた千年寒冰交換に帰らない永世の誓いの言叶です。
风动を弾ませて、誰が描かれたすばらしい绝伦、気持ちはぼんやりして、梦の両端を切れば。情ど連れ戻して静かなものにしていく未来に秘蔵します;唯一残って空の果ての中は、だんだんと湿った瞳;いじる墨で読んで詩闕1代の言葉を楓セ不朽の悲しい琴を是非远逝叶はないのか、聞いて?
花(はな祷りの気持ちを込めて、动いた心、流水には冷たかった斗の冷たい風に傷ました気持ちは雲…損じてから烟雨を叶えます暴れて踊る墜落一秋。
岬やせに最善を尽くしたが、江南(カンナム)の中は、風雨天涯」を読んだのを見て、彼岸愁烟雨のような形をして此岸であっても、それは憧れの岸!此岸で待機していたが、向かい風のフェリーなどの千年もうちつづき!

nuiekiely‘blog
におえおお
mengmengblog
kaisi123
lomeng

posted by ligfsorg at 16:54| Comment(0) | 生活 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。