2015年10月26日

簡単に解説す

彼はもともとは、アメリカの一介の新聞記者だった。
1908年、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーへのインタビューがきっかけとなり、
カーネギーがヒルに対して、
「500名以上の成功者を研究して『成功哲学』を体系化してくれないか?」
「ただし、無償で」と言われた。さすがにカーネギー、ちゃっかりしている。
だけども、彼は怯(ヒル)む事なく、直ぐさま「やらせてください」と返答したという。
それから20年、約束通り研究を続け、その集大成と言うべき著書
『頭を使って豊かになれ(Think and Grow Rich)』を1928年に上梓した。
それが、瞬く間に世界で700万部を売り上げるベストセラーとなる。

この中の大きなキーワードが「人は考えた通りの人になる」
"Know very clearly where you want to go"という言葉華洋坊
これは、今でも様々なところで使われている。
この言葉を、簡単に解説すると、
今ある姿は「自分自身がそのようになろうと望んだ姿である」
というもの。
「え~っ、自分は大富豪になろうと思っていたのに。こんな貧しい暮らしだ許智政醫生
決してこんな暮らしを望んでいなかった」
と言うかも知れないが、
「心のどこかで貧乏になる事を受け入れていて、実際に、そのようになっている」
という事を意味している。
「失敗するかな?という気持ちがよぎったら、やはり失敗した」など、
振り返ってみると、やはり「人は考えた通りの人になっている」と言えるもの。
還暦を幾つか過ぎた、わが身を振り返り、
虚勢も取り払ってみると、やはり「考えた通りの人になっている」と言えそうだ。

このたび、同窓会の案内が届いた。
いつもの事だが、「行くべきか、行かざるべきか」迷ってしまっている。
ただ、今回は、思い切って行ってみようかという気になっている許智政醫生
「昔のクラスメイトがどのような者になろうと考えていたのか?」
posted by ligfsorg at 16:36| Comment(0) | 生活 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。