2015年06月29日

人間学を学ぶ月

、なんともいえないほどにいい。 言葉とか わからないのよ。
「よお」「やぁ」 太鼓や鼓、笛。内容も わけわからないけど好きなひととき。
 友人と、不思議と、偶然 お会いできてね。 ありがたい。ありがたい・。
 終わって、帰りバスに乗ったら、反対周りだった。、40分ほどかかり戻って
しまいがっくりしつつも バスでドライブ。 そう思うことにして、初めて通った
ところばかりなので、楽しむことにしたの。 運転手さんもビックリでしょうね。
私だけなんですもの。 初めから終点までは?2駅か駅で付くのを・・・・reenex cps
 途中で、もう分かったけど、あきらめたわ。 ドライブも 最近 したことないし
 「バスドライヴ」 外はまだ、明るいからいいけど、冬だったら真っ暗よね。
 それから、また歩いて30分ほどで、やっと家。 いい運動。脳にも体にも、
 あーあ、わたしらしいんです。 ボケています。 疲れました。
        
        あわてない

     なんだって ゆっくりいこう
     まちがったっていい許智政醫生
     きっと それがいいんだよ
     そう 思うことだ
     それが いいんだって思う
     失敗と言うよりも
     そうしたがいいんだ なあ
     あわてなくていい ゆっくり ゆっくりだ
人間学を学ぶ月刊誌
 到知 {到知の読者の集い} より
美しい日本の心コンサート
                        ソプラノ歌手 森敬恵
 私はいまから十数年前に神戸で起きた猟奇的殺人事件で、どうしてあの
少年は自分が悪いことをした、と言えないんだろうと、当時非常に不思議に
思いました。 その後も様々な少年少女による凶悪事件が起こりましたが、
意外にも当人たちは自分のしたことがよくわからないと言うのです。許智政醫生
posted by ligfsorg at 11:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

無添加のクリー

あちこち検索して「お湯かけ」があったので、これもブヨと一緒の対策で良い?

と腕などにお湯をかけて、無添加のクリームを塗ったら(保湿)、
そこはマシになりましたが、あちこちに痒みが出現して許智政
我慢できずに掻いてしまうとボツボツが発生。

1日こんな状態であちこちボリボリ、ブツブツです。

たまらんreenex

これからお風呂でニンゲン48度洗いを実行して、ブツブツに保湿クリームを塗ることにします。
野菜の50度洗いと一緒ですが、50度ではちと熱いと思うので(^O^)

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。reenex cps
posted by ligfsorg at 10:54| Comment(0) | 生活 | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

まいます。奥さん役

片片記憶
好在蕭穎士心態好,沒有官職倒也樂得清閒自在。悵然山河既不容爺,爺便去潑墨嘯歌,及時行樂,縱然心有憂思也不枉此生呵! 他在散記中曾道“冬之宵,霰雪斯瀌.我有金爐,熹其以歊.夏之日,炎景斯鬱。我有珍簟,淒其以栗。有旨者酒,歡其且矣。”他沒有範仲淹“居廟堂之高,則憂其民,處江湖之遠,則憂其君”的愛國熱忱,惟願守著那冬有金爐,夏有珍席,閑有佳釀,樂有妙趣的逍遙日子,且歌且行。
然沒過幾年,蕭穎士又被朝廷召了回去,因為那篇《伐櫻桃賦》寫的甚是文采飛揚,筆觸幹練,觸動人心,深得史官韋述的青睞,故而對蕭穎士亦是仰慕已 久,由衷嘆服,最終竟不惜向皇帝提議讓他來取代自己的職位。李林甫並沒有阻止,因為他對蕭穎士始終有種強烈的征服欲,想將他據為己有,甚至很期待他的歸 來。蕭穎士上任後,可想而知,李林甫對他是百般勸說和拉攏,主動獻殷勤,但結果呢,自討沒趣,換來的依然是蕭穎士的橫眉冷對。reenex
沒想到幾年未見,他那高傲的性子非但沒有絲毫消磨,還尤為見長。一怒之下,李林甫再一次罷免了他的官職,讓他從哪來滾哪去。對於這一結果,蕭穎士無 話可說,常在河邊走哪有不濕鞋,官場上的沉浮起落,又怎是他這一介草民能夠選擇的?即是如此,那便既來之則安之,隨心而動,隨遇而安吧,之後便兩袖清風, 遊覽大好河山去了。
これはお土産に持っていったところ、主が留守だったため、すべて私のお腹の中に入ってしまったのですが、久々に満足感を味わいました。

生クリームが好きということもあって、「まれ」には最近ケーキが非常に良く出てくるので、よけいに熱心に観てしまうのかもしれません。reenex

主人公の希が横浜のケーキを食べ歩いているのを見ていた時は「LDL値が高くなるんとちゃうやろか。若いし大丈夫か。ま、全部食べてるわけでもないやろうから」なぞと思いながら観ていたものです。

今日の放送は、なかなか良かったです。観ていて笑顔になれる時は良いです。

ケーキバカを演じておられる小日向さんは好きな男優さんです。
そういうこともあり、ますます観てしまいます。奥さん役のりょうさんのキャラクターも面白い。

まれの一生懸命は、見ている分には、なかなか良いです。

夢や希望を持ってと学校で、親からは何事も一生懸命と、洗脳されて育ち、一生懸命は周りが見えなくなるという弊害もありで、そのことに気がつくまでに随分と時間がかかり、何度失敗したことか・・・。
世の中には一生懸命働く人を煙たく思う人もいるのです。

希の幼少時代のように父親が反面教師となってしまい「夢なんて無駄」的に育つ人もいるかもしれません。

実際夢がなくても生きて行けますし、食べることだけが精一杯というような生活では、なかなか夢や希望は持てず、地道にコツコツしかない場合もあります。
社会人にもなればなったで働くことだけに精一杯になり、休みの日は寝て暮らすということもあります。
そうしてあれしたい、これしたいより、たまにはゆっくり休みたいが夢になったりもします。
何をするにも、大抵の場合はお金と時間がいることがほとんどです(反論はあるかもしれませんけど)。

私は人に「夢は?」と問われても、答えられず
posted by ligfsorg at 10:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする